認知症の方が資産を引き継がれる場合も安心
認知症の方がいても問題なく相続できます
おりべ相続サポート
成年後見人を立てることで協議ができます

滞りなく相続を行うための仕組み

多治見市にて相続に関するご相談を承っています。高齢社会を向けた現代日本において、遺産の分割を受ける対象者が認知症を患っているケースが多く、責任能力がないため成年後見人を立てることで協議を継続できます。
責任能力がない方がいても問題ありません
Check!
責任能力のない方でも大丈夫
認知症を患って責任能力を失った成年後見人の方でも相続の協議に参加できます
Point1

責任能力がなくても安心

責任能力を失った認知症の方がいる場合、相続の分割協議が勧められません。そこで、責任能力を代行する成年後見人を立てることで代行いただけます。その手続や具体的な方法をお教えしています。

Point2

親族間の協議を代行します

多治見市にて相続に関するお悩みがあればいつでもご相談いただけます。高齢社会である現代日本においては、責任能力を失った方が資産を引き継ぐ場合もあります。そのような場合でも協議できるような制度をお伝えしています。

Point3

成年後見人をサポートします

多治見市を拠点に、遺産分割などのサポートを行っています。認知症を患った親族のために、成年後見人を立てる必要があるが、具体的な手続きがわからないという方は、いつでもご相談をいただけます。

お気軽にお電話でご連絡ください
0572-56-5700 0572-56-5700
Access

事務所にお越しいただくかお客様のお近くの喫茶店などでご相談を承っています

概要

店舗名 おりべ相続サポート
住所 岐阜県多治見市平和町7-53-1
アイビススクエア平和町C
電話番号 0572-56-5700
定休日 不定休
最寄り 多治見駅より徒歩12分

アクセス

遺産の分割に関してお悩みがあれば、ご相談いただけます。ご相談の場所は、お客様のご自宅や喫茶店などが中心で、岐阜県・愛知県エリアを中心に対応させていただいています。もちろん、事務所でもご相談いただけます。
特徴

多治見市にて遺産分割のプロフェッショナルがサポート

責任能力を失った方がいてもトラブルなく相続いただけます

相続に関する相談を承っています。近年多く見られるトラブルとして、認知症を患い責任能力を失った方が、遺産分割を受けるケースがあります。責任能力がなければ、遺産分割の協議に参加できないため、通常の方法では分割の協議を行ったとみなされません。それを防ぐためには、責任能力を代行する成年後見人をたてる必要があります。一般的には親族が成年後見人となることが多く、時には血縁関係のない第三者もたてることができます。もし、たてる必要があるものの、どうやってたてたらよいかわからない場合は、お気軽にご相談いただけます。愛知県もしくは岐阜県にお住まいでしたら、ご近所まで出張いたしますので、そこで詳しい状況をヒアリングさせていただくとともに、成年後見人の立て方についてレクチャーいたします。

Contact

お問い合わせ