先祖代々の土地を減らさずに相続を乗り切る
おりべ相続サポート

相続財産と相続人の確認をしましょう

相続で先祖代々の土地を減らしてしまう原因の一つに、納税資金が足りないことが挙げられます。不動産はあるけれど預貯金が少ない場合に起こりやすくなります。不動産を売って現金に換えて納税資金にする場合と、不動産をそのまま物納する場合があります。

相続税は、相続財産で賄わなければならないわけではありません。相続人に預貯金があれば、自分の預貯金で相続税を納税し、不動産を相続することもできます。また、物納はハードルが高く、納税者に優しい制度ではありませんので、お勧めしません。

 

先祖代々の土地を減らすもう一つの原因が、相続人の人数にあわせて不動産を分けることでバラバラになってしまうことです。

相続の分け方の方法として、代償分割という方法があります。この方法を使えば、不動産を分割したり共有名義にしたりしなくても、一人の人が不動産を相続できます。

!cache (1)

土地か減ってしまう理由

相続で先祖代々の土地を減らしてしまう原因の一つに、納税資金が足りないことが挙げられます。不動産はあるけれど預貯金が少ない場合に起こりやすくなります。不動産を売って現金に換えて納税資金にする場合と、不動産をそのまま物納する場合がありますがありますが、不動産を失うことに変わりありません。

 

先祖代々の土地を減らすもう一つの原因が、相続人の人数にあわせて不動産を分けることでバラバラになってしまうことです。不動産は小さくなるほど利用価値がさがってしまいます。

資金の問題なら

相続税は、相続財産で賄わなければならないわけではありません。相続人に預貯金があれば、自分の預貯金で相続税を納税し、不動産を相続することもできます。また、物納は条件が厳しく、納税者に優しい制度ではありませんので、お勧めしません。

分けられないのなら

相続人の人数に合わせて不動産を分けることは、その土地の利用価値を下げることになってしまいます。

相続の分け方の方法として、代償分割という方法があります。この方法を使えば、不動産を分割したり共有名義にしたりしなくても、一人の人が不動産を相続できます。

早いスタートほど選択肢が多い

どのような方法を使うにも、きちんとした対策手順と入念な準備が必要です。相続は、いつ発生するかわかりません。時間は取り戻せませんから、少しでも不安や心配なことがあるのなら、早めに対策を始めることをお勧めします。

Access

事務所にお越しいただくかお客様の御自宅でご相談を承っています

概要

店舗名 おりべ相続サポート
住所 岐阜県多治見市平和町7-53-1
アイビススクエア平和町C
電話番号 0572-56-5700
定休日 不定休
最寄り 多治見駅より徒歩15分

アクセス

相続に関するお悩みの、ご相談をお受けしています。ご相談の場所は、相談室・お客様のご自宅・喫茶店などからお選びいただけます。岐阜県・愛知県エリアを中心に対応させていただいています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事